カテゴリ:リフォーム( 51 )   

今朝配布のCueを見ると・・・   

こんにちは001.gif

だんだん日差しが春めいて来ましたね。
少しずつ草木が芽を吹き始め、
ドゥクラフト土肥家具の冬ざれのお庭も、明るく変わりつつあります。




e0121122_12205474.jpg


e0121122_12205428.jpg



e0121122_12205530.jpg



e0121122_12205581.jpg


今朝配布のCue(キュー)にドゥクラフト土肥家具が載っています。
早速、ご覧になったお客様からも「見ましたよ!」とお声をいただきました。



e0121122_12205572.jpg




e0121122_12205628.jpg




金曜日に配布される、女性をメインターゲットにしたフリーペーパーです。中国新聞の朝刊と届いたり、JRの主要駅でも配布しています。
ぜひチェックしてみてくださいね!巻頭の 「特集・賢く活用ショールーム」で取り上げていただいてます。

今日もよい1日になりますように。

堀田 あゆみ★
[PR]

by docraftmakes | 2016-02-19 12:16 | リフォーム

フローリングの張り替えだけ・・というリフォームもあり★なんです   

こんばんは。



今朝も寒いなぁ。。。と出勤しましたが、お日様はちょこちょこと顔を出してくださっているようです。



さて今日は、先日床フローリング張替工事が終わりました
E様邸のご紹介をしたいと思います。
今回は、廊下やリビング、寝室など全面の床の張替をさせていただきました。
フローリングのお色は明るいナチュラル色。
巾木はホワイトです。





e0121122_2251919.jpg




普段、濃い目のブラウンやダーク系などしか目にする機会がなかったので、
どのような仕上がりになるのかイメージとして頭に少しもなかったので、
大変楽しみに工事完了を待っていました。

施主様が所持されていますシンプルな家具たちとも相性がよく、お部屋全体のお色味もワントーンなった印象です。




e0121122_22522555.jpg




お客様の趣味に合う「素敵な空間づくりのひとつ」としてリフォームできたのではないかと思っております。
北欧テイストが大好きな私には、大満足053.gif
現在、持っている家具や住宅設備に合わせて床材やクロスなどを
ちょっと張替だけでも、お部屋の雰囲気もガラリと変わるので
お勧めですよ☆
土肥家具では、このようなリフォームのご相談も受けておりますので
お気軽にお問合せください。



営業企画部

山本真梨子☆








◆◆一言メモ◆◆

山本が投稿を代わってくれて、のんきに楽しく記事を読ませてもらってます。
堀田です。

「巾木・はばき」 ってみなさま、ごぞんじですか?
私は最近まで知りませんでした・・・



建築用語で『壁と床の取り合い部に設ける部材。』 のことです。


e0121122_236282.jpg


壁と床が接する部分の壁に設けてある横板で、部屋の中の出入り口を除いた部分の壁をぐるりと回っています。洋室や廊下などごらんになってみてくださいね。

 幅木にはその種類も取り付け方、納め方も様々にあります。一般住宅であれば洋室や廊下などで見ることが出来ます。

ではでは012.gif
[PR]

by docraftmakes | 2016-02-08 22:56 | リフォーム

安全祈願祭   

おはようございます。
本日、土肥家具はお休みです。

ですが、リフォームをさせていただいているお客様のお宅では、火曜日も工事をさせていただいております。
そうなんです!土肥家具は、家具や雑貨の他に、お家のリフォームという形でも皆様と関わらせて頂いているんです!
今日は、そんなリフォームの現場からのヒトコマです。

この度、工事をさせていただくことになったM様邸にて、工事期間中の無事と安全を願って、安全祈願祭を行いました。
当日の暦は友引。友引は、朝を吉とするため、M様立会のもと、9時より執り行いました。
敷地の四隅と玄関先に煮干し・米・塩をお供えして準備完了。
一箇所ずつお供え物にお酒をかけ、2礼・2拍手・1礼。
お参りをすると皆無口になり、自然と厳かな雰囲気に包まれます。
閉式として、M様にしっかりと工事する旨をお伝えして終了です。

15分ほどの短い行事ではありますが、身が引き締まります。
また、工事が成功するためのお客様との大切な行事だとも感じます。




e0121122_1130268.jpg





土地の神様には、お供え物をしっかり召し上がっていただき、工事着工の意を認めてもらうとともに、工事が無事完了するよう一肌脱いで頂ければと思っております…

それでは、みなさまにとって良い一日になることを願っております。
[PR]

by docraftmakes | 2016-02-02 11:29 | リフォーム

広島リフォーム2016   

こんばんは001.gif


Xmasが終わるといよいよ、年末ムードでしょうか。
今年は暖かいので、年末がピンと来ないのは私だけ?

昨日の25日に発売された「広島リフォーム2016」に、ドゥクラフト土肥家具が初登場しています。




e0121122_20262298.jpg





広島市西区三篠町のフルリノベーションのマンションの丁寧な紹介が4ページも!




e0121122_20262201.jpg



その他にも会社紹介のページや



e0121122_20262331.jpg



営業の竹坂が
「リフォーム女子の休日」に登場しています。



e0121122_20262335.jpg







紙面で見ると、よそさまの会社のような立派感が漂います。うん、なかなかいい感じ。
プロの写真に記事で素敵に紹介していただいてますよ072.gif
一冊じっくり目を通すと、いまどきのリフォーム事情がよく分かります。
インテリアグッズやお店の紹介なども載っています。
巻末には掲載されている各会社に 資料請求も簡単にできるハガキ付き。
みなさま、ぜひ書店の店頭でご覧になって下さいね。


今日もよい1日になりましたか?


堀田 あゆみ★


[PR]

by docraftmakes | 2015-12-26 20:22 | リフォーム

さすが常務!   

こんにちは001.gif


すっかり寒くなりました。
みなさま、風邪など引いてらっしゃいませんか?
今日はドゥクラフト土肥家具のリフォームの中での得意技をごらんください。


マンションにお住まいで、お風呂やトイレなどのリフォームをさせていただいているお客様が、最初にご来店くださった時に接客したのですが 奥様がリフォームしたい箇所と共にとても気にされていたのがリビングにある配電盤でした。
目に付く場所にあり、スチールやプラスティックの質感がどうも気に入らないとのお悩み。
わかります~確かにちょっとしたことが女性は気になるんですよね。
お任せください!ドゥクラフト土肥家具なら、そんなお悩みもたちまち解消します。







こんな風に仕上がりました。




e0121122_19474542.jpg


アップでごらんいただくと・・・





e0121122_1948565.jpg




最初の状態はこんな感じ、たしかにごちゃごちゃして目に付きます。





e0121122_19482514.jpg





枠をセットして蓋をしました。





e0121122_19484679.jpg




常務の深澤は現場監督もしつつ、家具の修理や調整、ちょっとした造作もお手のもの。
年末の忙しい中、担当の現場が終わり帰社しての作業で写真のような目隠しを作成しました。
従来の建具の色にマッチしてすっきりとお部屋が整いましたでしょう?



さすが常務!066.gif




ドゥクラフト土肥家具の「住まいを便利に、豊かにするという本質」はこんなところにも活かされています。




堀田 あゆみ072.gif
[PR]

by docraftmakes | 2015-12-18 19:49 | リフォーム

マンションリノベーションの現場紹介④ " キッチン・ダイニング "   

おはようございます、工務担当の大西です。

前回の投稿から1カ月も経ってしまい、
継続の難しさを改めて痛感しています…orz

これまで9月に完成した広島市内のリノベーション物件を紹介してきましたが、
4回目となる今回が最後になります。
また少し長くなってしまいますが、
お時間のあるときに読んでいただければ幸いです。

今回紹介させていただくのは " キッチン・ダイニング " です。

e0121122_1731198.jpg


元々は、6畳の和室と6畳の寝室の2部屋だったものを、
間の壁を取り払い、余分な収納部もなくすことで、
およそ15畳の広々とした " キッチン・ダイニング " にしました。

e0121122_1731191.jpg


キッチンは、ステンレスの流し台を50年以上つくり続けている大阪の専門店にオーダーし、
今回の部屋の大きさや形に合うよう、寸法も特注でお願いしました。
写真では見えにくいですが、天板にはコンセントもついています!

そして、キッチンの足元は、古い足場板を白く塗装したもので囲いました。

e0121122_17313259.jpg


床やクロス、キッチンやレンジフードとすべてが新しくなったところに
使い古された杉の足場板を入れることでレトロ感が生まれ、
親しみやすい空間になったのではないかと思います。

また、キッチンの向かって左側の壁には、ランタン型のタイルを貼りました。

e0121122_17314879.jpg

e0121122_17315942.jpg


ご覧のとおり、クロスとタイルの取り合いの部分には見切りを入れていません。
こうすることで、タイルの曲線が強調され、
クロスと似た色のタイルであってもとても美しく映えます。

その壁を左に見ながらキッチンに立つと、
正面には変わった形状の3連窓があります。

e0121122_17321225.jpg


この窓からは、「絶景」が!!
…とまではいきませんが、近くには高層建築物がないので、
数百メートル先まで視界が開け、なかなかの眺望となっています。

しかし、個人的なことを言わせていただくと、
この部屋の一番の売りは、入口の建具ではないかと思っています。

e0121122_1732229.jpg


写真だけを見るとあまりピンとこないかもしれませんが、
この建具、高さが2.4メートルもあって、
天井から床までのスパンを端から端まで1枚でカバーしています。

e0121122_17323310.jpg


私自身、こういった建具はあまり見たことがありません。
中にはめ込まれた波板ガラスは、
かつて古い木製の建具にはめ込まれていたものを再利用したものです。
もちろん特注品で、この部屋の中でも文字通り、大きな存在感を放っています。


ということで、今回は " キッチン・ダイニング " の紹介をさせていただきました。
今回が現場紹介の4回目となりますが、
もしひとつでも読んでいただいた方がいらっしゃいましたら嬉しい限りです。
これからもお客様から 「さすが土肥家具!」 と言っていただけるよう精進してまいります。

また、今回紹介させていただいた物件の見学も引き続き受け付けておりますので、
興味のある方はぜひお気軽にお申し付け下さい。

それではまた。
ごきげんよう。
[PR]

by docraftmakes | 2015-11-03 08:00 | リフォーム

マンションリノベーションの現場紹介③ " 洗面室・浴室 "   

おはようございます、工務担当の大西です。

前回の現場紹介から2週間も間が空いてしまいましたが、
今日も引き続き、広島市内の改修物件を紹介させていただきたいと思います。

今回紹介するのは " 洗面室 " と " 浴室 " です。

今回はまず、改修した後の状態からご覧ください。

e0121122_15401834.jpg

e0121122_15403467.jpg

e0121122_15404473.jpg


洗面室の床にはトイレと同じ長尺シートを使用しました。
壁のクロスには、リリカラ社がウィリアム・モリスシリーズとして出している植物柄のクロスを、
そして天井には、同じくモリスシリーズのブリック(れんが)色のクロスを施工しました。

これらのクロスには、防カビ加工とトップコート加工がそれぞれ施されていて、
水に対して強い上に、汚れがつきにくくなっています。

洗面台は、既成品ではなく、集成材を加工し現場で組み立てたもので、
建具や枠などと同じ白色で仕上げました。


ここで、改修前の状態をご覧頂きたいと思います。

e0121122_15431294.jpg


改修前は、浴室の出入口の1畳ほどのスペースに洗面化粧台が置かれていただけでした。

これを、向かって左手の壁を移動させて床の面積をおよそ倍に、
また洗濯機置場もつくることで、
「洗面室」 あるいは 「脱衣所」 としても
十分に機能が果たせるようになったと思います。


次に、浴室に関してですが、
以前の浴室は、壁床共にタイル貼りで、
出入り口は、ガラスがはめ込まれた木製の引戸になっていました。

e0121122_15442140.jpg


この浴室を今回、

e0121122_15443712.jpg


このように、TOTOのユニットバスに交換しました。

浴槽は" 4時間たっても水温の低下が2.5度以内 " が謳い文句の 「魔法びん浴槽」 に。
床は、表面に細かな溝を刻むことで高い排水性を備えた 「カラリ床」 としました。
また壁は、山桜をモチーフにした木目柄で、落ち着いた雰囲気を出しました。

そしてそして、忘れてはならないのが洗面室の入口の建具です。

e0121122_15452332.jpg

e0121122_15453219.jpg


今回のリノベーションでは、既成の建具を一切使わず、
すべて建具屋さんに特注でつくっていただきました。

洗面室とトイレの入口は、小窓に波板ガラスをはめ込んだシンプルな引戸です。
先程も書きましたが、部屋の雰囲気に合うように白色に塗装しています。
実は、建具を塗装をしたのは建具屋さんではなく、ウチの常務です。
さすが常務!なんでもできる!

ということで、今回は "洗面室" と " 浴室 " の紹介をさせていただきました。

最後になりましたが、
先週末の内覧会にご足労いただいたお客様、
本当にありがとうございました。

また、「 用事があっていけなかった 」 というお客様、
今後も見学は承っておりますので、
弊社まで連絡をいただければと思います。

ではまた。
ごきげんよう。
[PR]

by docraftmakes | 2015-10-02 07:30 | リフォーム

マンションリノベーションの現場紹介② " トイレ "   

こんにちは、工務担当の大西です。

今日は先日もブログで紹介した
広島市内のマンション・リノベーション物件について紹介します。

第2回目となる今回は " トイレ " です。
では早速、改修前のトイレを見ていただきましょう。

e0121122_1759343.jpg


壁は、玄関と同じくモルタル下地の白ペンキ仕上げで、
腰壁と床はタイル貼りになっていました。

最初見た時に、 『ペーパーホルダーが背中側っ!?』 と思ったのですが、
和式便座だった頃の名残なんでしょうね。


マンションの改修では配管スペース(PSと呼ばれます)の位置をずらせないため、
多くの場合、洗面所やトイレ、キッチンなどの配置を大きく変えることができません。
今回も同様で、トイレの位置はそのままに、内装と設備機器を新しくしました。
それがこちらです。

e0121122_17595966.jpg

e0121122_1801316.jpg


壁は柄の入った白のクロスで、床には長尺シートを貼りました。
改修前は、廊下側に扉が開く開き戸だったのですが、
手前の壁を一部解体し、新規の引戸としました。

引戸は、 「 レールにゴミが溜まるから嫌だ 」 という意見も聞くのですが、
廊下周りでは開けても邪魔にならず、半分だけ開けることができたり、
またバリアフリーの観点からも、開き戸より使いやすいとされています。

また余談ですが、
以前、建築家・中村好文先生の本の中で、
高松にある栗林公園の " 掬月亭 " を例に出しながら、
引戸(本の中では確か雨戸だった…ような…)の良さを語っておられたので、
個人的にはそこから引戸が好きになりました。


トイレの小物としては、
うちの店舗でも販売しているダルトンのタオルリングとペーパーホルダーを取り付けました。

e0121122_1802492.jpg


一般的に、ペーパーホルダーの位置は床から700mmの場合が多いのですが、
手すりがある場合は少し低くなったり、
当然ペーパーホルダーの形状でも多少異なったりします。

ですので、弊社では実際に便座に座ってみて
『 ここだ! 』 という位置に取り付けることが多いです。
もちろん、今回の物件で取り付けたのはウチの常務です。
さすが常務。


ということで、今回はトイレの紹介でした。
ではまた。
ごきげんよう☆
[PR]

by docraftmakes | 2015-09-16 18:02 | リフォーム

マンションリノベーションの現場紹介① " 玄関 "   

おはようございます。
今日は堀田さんに代わって、わたくし工務の大西がブログを担当します。
初めましての方は初めまして。
よろしくお願いします。

先日、このブログの記事でもお伝えしたのですが、
7月から工事を行っていた広島市内にあるマンションのリノベーションが、
先週ついに完工しました。
これから何回かにわけてその中身を紹介させていただきます。

リノベーションを行ったのは、
昭和45年に建てられた鉄筋コンクリート造の古いマンションの一室です。
今回は、部屋に入って最初に目にすることになる " 玄関 " の様子を見ていただきたいと思います。
まずは、改修前。

e0121122_17121268.jpg

e0121122_17124060.jpg

e0121122_1713255.jpg


元々の玄関の土間は、モルタル下地に緑色のペンキ仕上げで、
広さはおよそ1.2m四方というものでした。
壁についても、構造体のコンクリートにモルタルを上塗りして白ペンキで仕上げるというあまり特徴の無いものでしたが、
今回こう生まれ変わりました――

e0121122_17134044.jpg

e0121122_17135980.jpg

e0121122_17141676.jpg


写真のように、床には青緑色のタイルを貼ってかわいさとインパクトをもたせ、
クロスは空色に、そして土間の面積を倍にすることで、より開放的な空間に仕上げました。
開放感を優先するために造り付けの下駄箱は置かず、
玄関の角に可動棚とカウンターを設けました。

ですが、何と言っても一番の特徴は、玄関正面の壁です。
ここには、クロスとクロスに挟まれるように " アピトン " という木材を貼り付けているのですが、
これは元々、改修前の和室で使われていた畳下の板材なんです。

e0121122_1715137.jpg


約45年という長い歴史のあるマンションですから、
「部屋に使われていた素材を全て新しいものに変えるのではなくて、
これまでの記憶を感じることのできる " 何か " を残したい」、
という社長のアイディアによって、今回このアピトンが使われることになりました。

では、アピトンがどう生まれ変わったのか――。


まず、床から剥がす際にあまり傷がつかないよう丁寧に取り外してもらいます。
次に、釘穴をパテで塞いで、表面に紙やすりをあててきれいにします。
そして、ひび割れ模様を出すことのできる特殊な自然塗料を塗って、
それが乾いたら仕上げに白色のペンキを塗ります。
すると…

e0121122_17161037.jpg


この写真のように、ひび割れが入ってアンティーク加工になるんですね。
私はこういった塗料を今回初めて見たのですが、
この一連の作業を行ったのは弊社の常務です。

さすが常務!!


ということで、今回は玄関部分について書かせていただきました。

みなさま、素敵な休日をお過ごしください。
ごきげんよう☆
[PR]

by docraftmakes | 2015-09-13 08:00 | リフォーム

マンションのリノベーションをしています。   

こんにちは001.gif

爽やかな秋晴れです、気持ちいいですね〜



ドゥクラフト土肥家具でこの度、



広島市内に中古マンションを



購入いたしました。




30代の女性スタッフのプランニングの元、




リノベーションを済ませフレンチテイスト




の素敵な住まいが完成しました。





今朝、私もちらっと見てきたのですが、




雑誌「ELLE」に出てるようなセンスの良い




気持ちの良いお部屋に仕上がって




いました。



またきちんとご紹介いたしますが、



いつもブログをご覧下さる皆様に




一足さきにちらっとお見せいたします。




e0121122_13012888.jpg




南向きの日当たりのよいリビングです。




e0121122_13012938.jpg




自分好みの調度に囲まれて。。。


夢が膨らみますね012.gif



e0121122_13012920.jpg





玄関は淡いブルーのタイル張り。



e0121122_13013018.jpg



おや、かわいい羊がお出迎え。




e0121122_13013045.jpg



おっと、まだ作業中でした037.gif





今日もよい1日になりますように!





堀田 あゆみ★




[PR]

by docraftmakes | 2015-09-10 12:56 | リフォーム