人気ブログランキング |

マンションリノベーションの現場紹介③ " 洗面室・浴室 "   

おはようございます、工務担当の大西です。

前回の現場紹介から2週間も間が空いてしまいましたが、
今日も引き続き、広島市内の改修物件を紹介させていただきたいと思います。

今回紹介するのは " 洗面室 " と " 浴室 " です。

今回はまず、改修した後の状態からご覧ください。

e0121122_15401834.jpg

e0121122_15403467.jpg

e0121122_15404473.jpg


洗面室の床にはトイレと同じ長尺シートを使用しました。
壁のクロスには、リリカラ社がウィリアム・モリスシリーズとして出している植物柄のクロスを、
そして天井には、同じくモリスシリーズのブリック(れんが)色のクロスを施工しました。

これらのクロスには、防カビ加工とトップコート加工がそれぞれ施されていて、
水に対して強い上に、汚れがつきにくくなっています。

洗面台は、既成品ではなく、集成材を加工し現場で組み立てたもので、
建具や枠などと同じ白色で仕上げました。


ここで、改修前の状態をご覧頂きたいと思います。

e0121122_15431294.jpg


改修前は、浴室の出入口の1畳ほどのスペースに洗面化粧台が置かれていただけでした。

これを、向かって左手の壁を移動させて床の面積をおよそ倍に、
また洗濯機置場もつくることで、
「洗面室」 あるいは 「脱衣所」 としても
十分に機能が果たせるようになったと思います。


次に、浴室に関してですが、
以前の浴室は、壁床共にタイル貼りで、
出入り口は、ガラスがはめ込まれた木製の引戸になっていました。

e0121122_15442140.jpg


この浴室を今回、

e0121122_15443712.jpg


このように、TOTOのユニットバスに交換しました。

浴槽は" 4時間たっても水温の低下が2.5度以内 " が謳い文句の 「魔法びん浴槽」 に。
床は、表面に細かな溝を刻むことで高い排水性を備えた 「カラリ床」 としました。
また壁は、山桜をモチーフにした木目柄で、落ち着いた雰囲気を出しました。

そしてそして、忘れてはならないのが洗面室の入口の建具です。

e0121122_15452332.jpg

e0121122_15453219.jpg


今回のリノベーションでは、既成の建具を一切使わず、
すべて建具屋さんに特注でつくっていただきました。

洗面室とトイレの入口は、小窓に波板ガラスをはめ込んだシンプルな引戸です。
先程も書きましたが、部屋の雰囲気に合うように白色に塗装しています。
実は、建具を塗装をしたのは建具屋さんではなく、ウチの常務です。
さすが常務!なんでもできる!

ということで、今回は "洗面室" と " 浴室 " の紹介をさせていただきました。

最後になりましたが、
先週末の内覧会にご足労いただいたお客様、
本当にありがとうございました。

また、「 用事があっていけなかった 」 というお客様、
今後も見学は承っておりますので、
弊社まで連絡をいただければと思います。

ではまた。
ごきげんよう。

by docraftmakes | 2015-10-02 07:30 | リフォーム

<< 今日・明日はアンコール内見会 ハウステンボスに行ってきます。 >>