人気ブログランキング |

雪の玉水   

おはようございます001.gif

昨朝の雪はほどなく雨になり、あっという間に消えてしまいましたね。
呉市内の雪景色は幻想的でした

e0121122_07225487.jpg


e0121122_07231885.jpg


ドゥクラフト土肥家具の紅葉に積もった雪が水滴になり、ぽちぽちと枝に付いている様がとても可愛くて珍しく見上げていました。


e0121122_07233676.jpg


調べてみると「雪の玉水・たまみず」と言うそうです。

山深み春とも知らぬ松の戸にたえだえかかる雪の玉水

新古今集にある式子内親王の歌からとった造語です。



この歌は、深山~山家~松の戸~玉水と、遠景から近景へ視点が動き、い山、の松、い雪、そして透明な玉水と移り変わる色を思い浮かべることができて絵画的な句です。「たえだえかかる」は、意訳すれば「ポトポト」 といった様子ですが、そう言ってしまうとなんだかなぁ。

「雪の玉水」は雪解け水の雫(しずく)のことですが、そう言うと余情が半減します。ここは「たえだえかかる雪の玉水」のまま、場面を頭に描かくと素敵でしょうか012.gif


あまりにも山深いため、春が来たことすらよくわからない、

そんな山奥の小屋の松で出来た戸に
とぎれとぎれに雪解け水が玉のように落ちかかっている。

美貌であったという噂の式子内親王。平安末期、後白河天皇の第三皇女です。藤原定家と内親王は秘かな恋愛関係にあったのだとする説が一般的です。


e0121122_07235981.jpg


今日もよい1日になりますように!


堀田あゆみ072.gif


by docraftmakes | 2015-01-31 07:22 | スタッフ日記

<< 「第六潜水艇殉難之慰霊碑」 私好みのごはん茶碗 >>